« ♪ オカリナ | トップページ | きんとん »

2011年10月 9日 (日)

キンモクセイ

0003

 岐阜大学のキャンパスに、キンモクセイの心地よい香が漂う頃となりました。

 小雨が降っていて、晴天下よりも花がいきいきとしているように見えました。

 聖書にこんな言葉があります

【エペソ書 5章 2節】
愛のうちに歩みなさい。キリストもあなたがたを愛して、私たちのために、ご自身を神へのささげ物、また供え物とし、香ばしいかおりをおささげになりました。

 たしか、ルオーという画家は、自らの絵のどこかに十字架を描き入れているとのことですが、ルオー展をおとずれたときに、作品の題にこんな言葉が添えられていました。

 白檀は、それを伐りたおす斧にも芳香を移す ・・・ キリストが十字架に架けられたとき、ローマの兵隊のリーダーは「まことにこの人は神の子であった」と述べたことが聖書に記されています。

 すべての人の罪を身代わりに背負って十字架にかかられたイエス・キリストを群衆がののしったとき、「父なる神様、この人たちをおゆるしください。この人たちは自分が何をしているか分からないのです。」と苦しい息の下から、とりなしの祈りを捧げたことに、このローマ兵のリーダーは心を揺さぶられずにいなかったのでした。

  今日は、日曜日、キリスト教会の礼拝にお出かけくださいますように。すべての人の罪を身代わりに背負って、と書きました。その中に、他ならぬあなたも含まれておいでになるのです。

 キリスト教会においでいただいて、牧師さんに祈りつつ手ほどきしていただきながら、永遠のベストセラーといわれる聖書と向き合っていただくことを心からお奨めさせていただきます。

 よき日となりますように。

|

« ♪ オカリナ | トップページ | きんとん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キンモクセイ:

« ♪ オカリナ | トップページ | きんとん »