« 散歩道での夕焼け | トップページ | 聖書から 「伝道者の書」 »

2011年10月29日 (土)

時にかなって美しい

0002  岐阜市の金華山を10月28日の午後、いつもとは違う方向から撮影しました。

 朝夕の気温は低くなり始めましたが、紅葉にはまだまだというところです。

 聖書の「伝道者の書」にこんな言葉があります。

3:1 天の下では、何事にも定まった時期があり、すべての営みには時がある。

3:2 生まれるのに時があり、死ぬのに時がある。植えるのに時があり、植えた物を引き抜くのに時がある。

3:3 殺すのに時があり、いやすのに時がある。くずすのに時があり、建てるのに時がある。

3:4 泣くのに時があり、ほほえむのに時がある。嘆くのに時があり、踊るのに時がある。

3:5 石を投げ捨てるのに時があり、石を集めるのに時がある。抱擁するのに時があり、抱擁をやめるのに時がある。

3:6 捜すのに時があり、失うのに時がある。保つのに時があり、投げ捨てるのに時がある。

3:7 引き裂くのに時があり、縫い合わせるのに時がある。黙っているのに時があり、話をするのに時がある。

3:8 愛するのに時があり、憎むのに時がある。戦うのに時があり、和睦するのに時がある。

3:9 働く者は労苦して何の益を得よう。

3:10 私は神が人の子らに与えて労苦させる仕事を見た。

3:11 神のなさることは、すべて時にかなって美しい。神はまた、人の心に永遠への思いを与えられた。しかし、人は、神が行なわれるみわざを、初めから終わりまで見きわめることができない。

  □  ◇  ☆  ○  ※  ○  ☆  ◇  □

 焦ったり、のんびりしすぎたりせず、しかし、見通しをもって時節の到来に備えていたいものです。

 明日は日曜日、キリスト教会の礼拝にお出かけくださいますように。

 よき日となりますように。

|

« 散歩道での夕焼け | トップページ | 聖書から 「伝道者の書」 »

コメント

不思議なものですね。ご次男は、11月の月間聖句に3:11「 神のなさることは、すべて時にかなって美しい。」を選びました。親子の絆を感じます。

※ ムーミンパパより

 おお、まさに「時にかないて うるわしけり」ですね。

 時間を創って、むさぼるように聖書に親しんでいる姿に教えられています。見習いますね。

  29日夜、東北の山々の美しさをNHKテレビで見ました。田部井さんと一緒に登山された方々が登山し、大きな力を得るシーンに感動しました。

 寒さに向かうこのごろ、お体お大切に。

投稿: rommy | 2011年10月30日 (日) 01時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時にかなって美しい:

« 散歩道での夕焼け | トップページ | 聖書から 「伝道者の書」 »