« 万葉集 防人の歌 | トップページ | 散歩道での夕焼け »

2011年10月27日 (木)

冬への備え

 気象情報で、「寒くなりそうです」とのことでしたが、26日の岐阜市、けっこう強い風が吹いて、冬が近いと感じました。

 しかし、紅葉の季節はこれからなので、体が慣れれば、まだしばらくは秋を楽しむゆとりが生まれることでしょう。

 とは言いながら、そろそろ、灯油を準備したり、冬物の衣類を確かめたり・・・と思いました。

 大きな災害に遭われた方々の冬への備えが整うように、迅速で息の長い手配り・気配りができますように。

 そのために、小さくても出来ることを為すことが出来る今日でありますように。

 河野 進 牧師の 詩 1976年年賀葉書より

いま、蒔かねば 
生涯、芽ばえぬ 種がある

いま、拾わねば
生涯、見失う 落穂がある

いま、施さねば
生涯、死蔵の 一万円札がある

いま、感謝せねば
生涯、不自由する 十円玉がある

いま、届けねば
生涯、表わせぬ 善意がある

いま、黙さねば
生涯、残る 悔いがある

いま、見舞わねば
生涯、孤独の 病人がいる

いま、宿さねば
生涯、漂流の 旅人がある

いま、読まねば
生涯、手にせぬ 聖書がある

いま、読書せねば
生涯、埋められぬ 空白の老境がある

いま、母乳を飲ませねば
生涯、母を味わえぬ 他人になる

いま、謙遜に仕えねば
生涯、異邦人の 主イエスかも知れぬ

いま、つまずいても
生涯、うなだれさせぬ 光がある

いま、悔改めねば
生涯、尾をひく 罪がある

いま、堕ちれば
生涯、止まらぬか そうはさせぬみ手がある

いま、救われねば
生涯、欲望の奴隷は 必然

いま、応答せねば
生涯、聞けぬ 呼び声がある

いま、信仰する
生涯、一番よい機会 神にもあなたにも

いま、もてなさねば
生涯、訪れぬ 天使かも

いま、祈らねば
生涯、はかり知れぬ 大事がある

いま、手をつけねば
生涯、気がつかぬ 特技がある

いま、忘れたら
生涯、思い出せぬ 恩がある

天の父さま
主イエスさま
聖霊さま
お恵みなくば
おみちびきなくば
これらの一つでさえ
とてもとても

 

|

« 万葉集 防人の歌 | トップページ | 散歩道での夕焼け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬への備え:

« 万葉集 防人の歌 | トップページ | 散歩道での夕焼け »