« 聖書から 「伝道者の書」 | トップページ | 『赤毛のアン』と「断・捨・離」 »

2011年10月31日 (月)

大自然は活力を与えるオアシス

 10月29日、NHKテレビで登山家の田部井さんが東北の山に被災された方と一緒に登る番組を一部分ですが見ました。

 田部井さんは、その番組で紹介された山々全部に、それもいろいろな季節に登ったそうです。

 今回、被災された方々との登山にあたっていろいろ懸念、気遣いをされたとのことです。けれど、山に登るにつれて、皆さんが再び歩みだそう、苦難に立ち向かおうと口々におっしゃるようになったことに田部井さん自身が感動され、また新しい気持ちでたくさんの山に登りたくなったと結んでおられました。

 大自然には、そこに抱かれる人々の内側にある気力、活力を引き出す豊かな力を備えているのですね。

 たくさんの山と親しんだ田部井さんを通して敷ノ山に関する季語をうかがうと、実感が湧きました。番組で紹介された山々も本当に美しかったです。

 春  山笑う

 夏  山滴る

 秋  山装う

 冬  山眠る

 さしづめ、今は山が装い始めた気候でしょうか。

 ムーミン谷では、冬眠に備えて、お腹を満たす食べ物を集めているのでしょう。  いえいえ、うらやましくはありません。その食べ物は「松葉」だそうですから。

 それはさておき、今日もよい日となりますように。

|

« 聖書から 「伝道者の書」 | トップページ | 『赤毛のアン』と「断・捨・離」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大自然は活力を与えるオアシス:

« 聖書から 「伝道者の書」 | トップページ | 『赤毛のアン』と「断・捨・離」 »