« 大自然は活力を与えるオアシス | トップページ | 岐阜大学祭 »

2011年11月 1日 (火)

『赤毛のアン』と「断・捨・離」

 先月、NHKテレビで『赤毛のアン』の映画を続、結婚篇、さらに回想風の作品も含めて放映していました。

 人間が成長するとぶつかる壁も厚くなるのですが、戦場を駆け回る赤毛のアンというのは、見るのがつらくなって、録画はしてありますが、しっかりとは見ないかも知れません。

 描く権利、自由はもちろんあるのですから、それを認めるとともに、見ない権利、自由がこちらにあることも認めてもらう ということでしょうか。

 ところで、今日の題・・・『赤毛のアン』と、最近よく耳にする整理整頓、その根源のところで生き方にもつながる「断・捨・離」とを並べたものを改めて眺めていただけますか ・・・ 

 おお、あなたはすばらしいかたですね。

 そう、ムーミンパパ流の洒落(別名 くだらないしゃれ)に気がついてくださったのですから、あなたは繊細で、それでいて心の優しい方にちがいありません。

 赤毛のアンは、「e」のついたアンとシャーリー ・・・ アン・シャーリーと

「断・捨・離」(だんしゃり)  ・・・ なーんだ それだけのことか  はい、それだけのことなのです。 せっかくの11月の初日から失礼いたしました。

 録画した映画「赤毛のアン」シリーズは、録画機のハードディスクを数時間分、占めています。これをDVDに移すと、ハードディスクにはその時間分の余裕が生まれます。

  いつ、どんな番組を録画したくなるか分かりませんから、ハードディスクに余裕を持たせておくのは、備えのある奥ゆかしい生き方と言えましょう。

 むむっ、本当にそうかな ・・・ 今、見ないDVDをいったいいつ見るというのでしょう。 坂本冬美も歌っているではありませんか。♪「来ぬ人と死んだ人とは同じこと」 by 夜桜お七

 見ぬDVDと 手元にないDVDとは 同じこと いや、いつか見るかも

 ・・・ そんなわけで、「赤毛のアン」をそのまま消すか、DVDに保存するかに思い悩む心境を表現したのが本日の題なのです。

 すみません。一瞬で思いついた題について、長々とおつきあいいただいてしまいました。

 あなた様の今日という日が、もっと値打ちのあることに向けられ、よい日となりますように。

|

« 大自然は活力を与えるオアシス | トップページ | 岐阜大学祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『赤毛のアン』と「断・捨・離」:

« 大自然は活力を与えるオアシス | トップページ | 岐阜大学祭 »