« 職人技 | トップページ | おお、消えない ・・・ »

2011年11月10日 (木)

端的にして深く

 先輩の国語科教師に教えていただいたことはたくさんあります。その1つに、「研修」と「研究」の違いがあります。

 「研修とは、情報を理解すること」「研究とは、新しい情報を生み出すこと」

 うーむ、何と、簡潔にして要を得や言葉でしょう。

 別の方からは、こんな言葉を示されました。

  「定かなる思想に言葉容易に随(したが)う」 ・・・ 中国の古典の引用だったかと思いますが、そうした言葉にふれておられるところが、すばらしいですよね。

 考えていることが曖昧な段階では、それを明晰な表現で言い表すことはできない。しかし、考え方が整ってくると、「言いたいのはこのことか」と言葉のほうから寄ってくる というような文意でしょうか。

 ムーミンパパ語録 ・・・ かがやきはありませんが、上記のような名言を引き立てる効果はあるかも知れません。

「食事は 熱いうちに食べよ」  言うまでもなく「鉄は熱いうちに打て」のアレンジです。

「足は地面に届く長さがあればよい」  遠慮の無い中学生が、私に向かって「短足、短足」というので、こんな表現で戸惑わせ、指導しました。「豚足」と言っていたら、「私はラーメンの材料ではありません」とでも言うのでしょうけれど。

「どんなに大きな氷も零度より少しでも高い温度にさらし続ければ溶ける」 ・・・簡単にあきらめると、溶ける寸前だった氷を冷凍庫に入れるような結果になりますよね。

 なかなか、端的にして深い表現は生み出しがたいものです。

 あっ、もう一つ、ちょっと自信のあるのがありました。

「真剣であれ されど 深刻になるな」 ・・・ 大阪の池田小での大きな事件あと、警戒するあまり、すべての人を泥棒と思え、みたいな風潮が出てきたので、この言葉を考えました。 だって、天候を例にしても、ある地方で土砂降りだからといって、全国全てが土砂降りになる必要はありませんからね。

 さて、今日も、よい日となりますように・

|

« 職人技 | トップページ | おお、消えない ・・・ »

コメント

 それでは蛇足ながら・・・
 リンカーンの話は、彼がいかに威厳があったか、という逸話のように思います。話をはしょりましたが、リンカーンは二人の話を最後までじっくり聞いて結論を出したということ。このあたりで凡人たちの悩みの半分は解決したのでしょう。また、脚の長さについて、見た目より、実用性という新たな視点を示したこともさすがです。

 野球については、パリーグの方が強いことは明らかで、今回も苦戦しそうという印象。ヤクルトにけが人が出なければ、こんな結果では無かったかも。落合氏、長らくごくろうさまでした。多くを語らないイメージがありますが、その考えは著書で率直に語っております。コーチング、プロフェッショナル、勝負の方程式、などが面白いですが、中古でもプレミアがついています。

※ ムーミンパパより

 早速に落合氏などについて、興味深いコメントをいただき、ありがとうございます。うーむ、多くの本を読んでおられますね。 明日、12日からの日本シリーズが楽しみになりました。

  小島さんは、それぞれの場面で監督の打つべき手、選手起用などについて、深く読み取れることと思います。よき時間となりますように。 また、お教えください。 それでは、また。

投稿: 小島 | 2011年11月11日 (金) 16時08分

 アメリカ歴代大統領の中でも人気の、アブラハムリンカーンについて。地元でも評判の弁護士ということで、もめごとはエイブに聞け、というくらいだったそう。ある日二人の男が口論しながら事務所にやってきて、「人間の足の長さはどのくらい必要か?」という疑問を突きつけました。リンカーンはじっと考えた後、非常に重々しくこう答えたそうです。
 「私が思うに、少なくとも人間の足の長さは、その胴体から地面まで届くだけの長さなければならない。」この判決を聞いた二人の男は納得して帰っていったそうです。

※ ムーミンパパより

   コメントありがとうございます。

  わあ、先例が ・・・裁判だと判例ですか・・・あったのですね、しかもリンカーンという偉大なる先例が。

 教えていただいて、嬉しいです。

 落合監督とドラゴンズのことでなにか書こうと思ったのですが、日本シリーズも始まりますし、私が軽々しく書いてはいけない気もして控えております。

 また、高校時代に野球選手としてグランドでプレーされた小島さんのご意見をお聞かせくだされば、嬉しいです。

 立冬を過ぎて、寒さに向かう気候となりつつあります。
どうぞ、お健やかでお歩みくださいますように。

投稿: 小島 | 2011年11月10日 (木) 17時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 端的にして深く:

« 職人技 | トップページ | おお、消えない ・・・ »