« 小松菜のケーキ | トップページ | クリスマス間近 »

2011年12月17日 (土)

冬の夕暮れ

0002_2  大学の図書館に、トルストイの本を読みたくなって足を運びました。

 途中で見かけた夕景です。メタセコイヤがとんがり帽子のように見えました。

 図書館は ・・・ めずらしく休館でした。うーむ、何だか、私が足を運ぶと休館という確率が高いような ・・・ でも、きっとトルストイの本には巡り会うことができると思います。 全集を所有している身内も居るのですけれど、高山にいますので、図書館を活用しようと思います。

0003

 同じ日の、岐阜大学教育学部の夕景です。朝は天文台のドームがきらめいて綺麗でしたが夕焼がドームに映えるところは、なかなか撮れずにいます。

 さて、明日は、日曜日 ・・・ キリスト教会のアドヴェント(待降節)の礼拝にお出かけください。

 よい日となりますように。

 

|

« 小松菜のケーキ | トップページ | クリスマス間近 »

コメント

その「トルストイ全集を所有している身内」の妹で、なぜか 枕元の書架にずらりと トルストイが並んでいるベットで寝ているkeiです(笑) (所有者はもっと快適な環境でのびのびすやすや休んでおります) 地震の際にはトルストイ全集に 押しつぶされるかも!
クリスマスにトルストイのロシア民話「靴屋のマルティン」のお話し準備ついでに、この全集にばらばら目を通しました。

語りの初日の今日は あるご町内のクリスマス会約50人。
初めスライドがでなくて、真っ暗な中、一時は 苦心して作った映像を映すことなく語る覚悟をして、口を開きはじめました。。。(汗)
でも そのとたんに タイトル映像が映り、間一髪、間に合いました。(笑)
アドリブで東日本津波被災を入れ、自分では50点の出来でしたが、優しい聴衆は拍手くださり、ホッとしました。
トルストイさん、ごめんなさい!

※ ムーミンパパより

 「靴屋のマルティン」の副題は、「愛あるところ、神あり」ですから、トルストイさんも了承してくれることでしょう。よいお働き、労をおねぎらい申し上げます。

 トルストイ全集と並んで、ドストエフスキー全集もあったような ・・・ 小生も及ばないすてきな読書家ですね。

 よきクリスマスシーズンとなりますように。

投稿: kei | 2011年12月18日 (日) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の夕暮れ:

« 小松菜のケーキ | トップページ | クリスマス間近 »