« 『子どもの本・ことばといのち』 松井居 直 | トップページ | 栗原はるみさん »

2011年12月14日 (水)

冬の菜園

0004 家庭菜園の主任に任命されたことを思い出し(思い出すようにとのお達しがあり)、苗を仕入れに行きました。

 昨年は、4種類の苗を購入し、なかなかの成果があったのですが、時期が遅くなったのでしょう、申し訳なさそうに一種類のレタスだけがありました。

 うむ、菜園も時期を判断する科学、サイエンスが必要なのですね ・・・ うっ、ますます寒くなるギャグで、すみません。

 でも、春菊を持参して植えてくださると、ありがたいお知らせを友人からいただきましたので、冬とはいえど、もう少し頼もしい景観になることと思います。

 「これからの時期、虫の害は、まず大丈夫だけど、霜には気をつけてください」とのアドバイス ・・・  コタツに入れてやるわけにもいかないので、ちょっと工夫をしなければ・・・

 主任としては、万一、霜枯れにあったときには、「霜にやられてしまった」と責任を転嫁するのでなく、「私が霜に対応しなかったので、苗がやられてしまった」と自覚するだけの責任感を持たないといけないのですね。

 「君に借りた自転車、壊れてしまった」 と 「君に借りた自転車、壊してしまった」 という言い方とでは、生きる姿勢が根本的に異なるのだと教えられたことがあります。

 おお、それはそれとして、大切なのは、動けないレタスが霜に会わないように守ることです。さて・・・・ 

  さて、今日も、前向きに工夫して責任を果たし、よい日となりますように。

 

|

« 『子どもの本・ことばといのち』 松井居 直 | トップページ | 栗原はるみさん »

コメント

 フユノレタス

苗屋の店先で
スタレズ 僻まず
君は待っていてくれたね
この庭土に
フユウセズ ヘタレズ 根付いておくれ
もうすぐ春菊が来る
小心者のお前は
イッシュン ギクッとするかもしれないが
あいつはキノキクやつなんだよ
仲良くこの土に育っておくれ

今日は暖かなのに、すきま風が入ったようですみませんでした。

※ ムーミンパパより  コメントありがとうございます。

 おお、詩の形でのコメントをいただくのは初めてです。
才知・機知がきらめいていて嬉しく読ませていただきました。

 今朝、路上の車のフロントガラスが凍っていて、レタスは大丈夫かとヒヤッとシンス。 幸い、地上に霜は降りていなくて、きわどいところでセーフだったように思います。

 レタスいわく「ワタスは大丈夫」 むむっ、うつってしまいました。

 お店に並ぶ野菜たち・・・育つプロセスでいろいろなお世話を受けているのですね。 学ぶことがたくさんあることを感じます。  よい午後となりますように。

投稿: yokoie | 2011年12月14日 (水) 11時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の菜園:

« 『子どもの本・ことばといのち』 松井居 直 | トップページ | 栗原はるみさん »