« 冬の菜園 | トップページ | 小松菜のケーキ »

2011年12月15日 (木)

栗原はるみさん

 栗原はるみさん ・・・知る人ぞ知る世界でも有名なカリスマ主婦 ・・・ 誰にでも失敗なくおいしい料理ができるようにと苦心に苦心を重ねて作ったレシピは4千を越え、その著書(44冊)は高い人気を博して、総計2200万部を越える売れ行きだそうです。

 先週、NHKテレビで、その栗原はるみさんがロンドンのフレンチ料理のレストランで五日間のシェフ修行をしたときのドキュメントが放映されていました。

 アメリカで日本料理の講習をしてほしいという依頼を受けたときには、自分の講習会だから、通訳を交えずに自分で説明しながら実施したいと考えて、英語の猛勉強をした栗原さん・・・当時、ほぼ60歳でした ・・・ 今回の修行も、全部、自らの力で英語で意思疎通することを通しておられました。

 野菜の皮むきをひたすらスピーディにする一日などもあり、朝の6時から市場に仕入れに行くシェフに同行する日もあり・・・最終日には、「あなたのオリジナル料理を作って食べさせてほしい」といわれて、全くの創作料理を、市場に仕入れに行くところから始めて、工夫を重ねて創り上げるシーンがありました。

 その料理をシェフは完食し、最高級の賛辞と、そのレストランのエプロンを贈りました。

 修行のお礼にと、キッチンを美しく磨き上げた栗原さんは、レストラン(ゴティエ)を後にしました。

 こみ上げてくる涙をぬぐいつつ語る栗原さん ・・・ 築き上げた名声の上に安住しないでチャレンジし続ける人のみが獲得するさわやかな表情だと感じました。今、64歳だとのこと ・・・むむっ、私より少し若いではありませんか。

 人生 生きている間は現役  ・・・ これからオリンピックやカーネギーホール、ノーベル文学賞などなどを目指すことはしませんが、 そしてわんこそば100杯以上 などという目標も持ちませんが、 一日一日を充実させるように心がけつつ 歩みたいと思いました。

 今日も、よい日となりますように。

|

« 冬の菜園 | トップページ | 小松菜のケーキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栗原はるみさん:

« 冬の菜園 | トップページ | 小松菜のケーキ »