« ふれあいバス | トップページ | 『橋をかける』 »

2012年1月30日 (月)

『夢をつなぐ』

Photo_2『夢をつなぐ 

 ー山崎直子の四〇八八日 ー』 

山崎直子 著

角川書店 

平成22年7月30日 初版 発行

スペースシャトル、チャレンジャー号が打ち上げ73秒後に爆発した事故は、日本時間の1986年1月28日に起こりました。

 この映像を、当時中学3年生だった山崎直子さんは、受験勉強をしていて、たまたま見たのでした。

 

 亡くなった7名の宇宙飛行士の中に、1万1千人以上の志願者の中から選ばれたシャロン・クリスタ・コリガン・マコーリフという女性の高校教師がいて、宇宙から数百万人の子どもに授業を行う夢を持っていたことを知った山崎さんは、「自分がその夢を引き継ごう」と考えたのだそうです。

 

 そして、その夢は、書名にもあるように見事につながれて実現したのでした。山崎さんは、日本の女性として二人目の宇宙飛行士となり、2010年4月に約15日間、スペースシャトルに搭乗し、宇宙からの授業を実現したのです。

  打ち上げ事故を契機に、宇宙飛行士になるのをあきらめる、というのが普通かもしれません。私だったらそうなりそうですが、山崎さんはその逆だったのです。 頭が下がります。

 今日も、どこかチャレンジする時間を創ることのできる日となりますように。

 

|

« ふれあいバス | トップページ | 『橋をかける』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『夢をつなぐ』:

« ふれあいバス | トップページ | 『橋をかける』 »