« 『グリム兄弟とアンデルセン』 | トップページ | 民衆童話(昔話)と創作童話 »

2012年1月27日 (金)

『グリム童話 1』

Photo『グリム童話 1』

山口史郎 訳

冨山房 

2004年8月20日 第一刷発行

 

 このシリーズは、三巻で構成されていて、第一巻は幼稚園児から小学1,2年生、第二巻は小学3,4年生、第三巻は小学5,6年生ないしそれ以上向けという目安で原作から選択したそうです。

 

 第一巻は話の内容が単純で短いもの。動物をテーマにした話が多いのは、幼い子どもは動物とは「君・僕」の関係にあるといわれているからだそうです。

 第一巻には、「星のお金」、「赤ずきん」「オオカミと七ひきの子ヤギ」「ブレーメンの音楽隊」「金のガチョウ」「灰かぶり」など30の話が収められています。 

 おお、こんな話がグリム童話の中にあるのか、と思いつつ、ほぼ一気に第一巻を読み終えました。巻末の解説に教えられるところがありましたので、明日はそのことを書かせていただきます。

 

 今日も、よい日となりますように。

|

« 『グリム兄弟とアンデルセン』 | トップページ | 民衆童話(昔話)と創作童話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『グリム童話 1』:

« 『グリム兄弟とアンデルセン』 | トップページ | 民衆童話(昔話)と創作童話 »