« 装い | トップページ | 時は命を盛る器 »

2012年1月10日 (火)

地表の気温が低いとき

 寒い日が続きますね。寒いと、緊張感が増して、引き締まった表情になるかもしれませんが、苦み走ったいい顔になるというのとはちょっと異なリますよね。

 守口漬けにする大根は、地表が寒いと、そうでないときよりも長くなるのだそうです。 低温で余計に生長する根性の持ち主なのでしょうか。

 そうともいえますが、大根といえども、どうも寒いのがいやなのだそうです。 つまり、寒い地表から逃れて、少しでも地熱の高いほうへ伸びていこうとするので、結果的に暖冬の時より長い大根になるらしいのです。 うーん、いじらしいというか、あっぱれというか、そういうことだったのかと拍子抜けすると申しますか ・・・

 まだまだ寒い日は来ると思います。けれど、昔の人は「冬 来たりなば 春遠からじ」と、すてきなことばを残されました。

 今日も、元気で歩んで、よい日とすることができますように。

 今日が始業式、という学校も多いでしょうか。 子どもたちも元気でありますように。 

|

« 装い | トップページ | 時は命を盛る器 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地表の気温が低いとき:

« 装い | トップページ | 時は命を盛る器 »