« 民衆童話(昔話)と創作童話 | トップページ | 『夢をつなぐ』 »

2012年1月29日 (日)

ふれあいバス

 私の住んでいる地域では、コミュニティバスというのでしょうか、一回100円で乗れる小型バスが走っています。

 

 先日、こんなことがありました。おそらく一人暮らしと思われる高齢の女性がふれあいバスに乗ろうとされました。ショッピングカートにかなりの買い物を積んでおられました。その店が始発ということで停車していた運転手さんは、挨拶を交わしながら、そのショッピングカートを車内に運び、そのお客さんが降りるときには、「どちらの方向に歩かれますか」と尋ねておろすショッピングカートの向きまできちんとお世話されました。 

 これは、すてきな、本当に心と心がふれあっているコミュニティバスだな、と心が温かくなりました。時間帯によっては、ボランティアがついているときもあり、夏休みは中学生がボランティアで搭乗するときもあるそうです。 

 寒波が到来して、冷え込む日の温かな情景 ・・・ その情景の中に位置付く生き方を、と教えられました。 よい日となりますように。

 今日は日曜日、キリスト教会の礼拝にお出かけください。

 

|

« 民衆童話(昔話)と創作童話 | トップページ | 『夢をつなぐ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふれあいバス:

« 民衆童話(昔話)と創作童話 | トップページ | 『夢をつなぐ』 »