« アピールする演奏を | トップページ | 『ピアノ調律師』M・B・ゴフスタイン »

2012年2月22日 (水)

氷と花のリース

0003 左の写真は、氷と花のリースです。

 ケーキを焼くときのリングを利用して、花をドーナッツ型の氷の中に散りばめたのですね。

 教会の庭にさげて、皆さんに喜んでいただきました。

 一つ、クイズを思い出しました。

 問題 「氷が溶けると何になる?」

 ・・・ 「水になる」 と答えた方、正解です。

 でも、もう一つ、すてきな正解があるのですね。どうも、幼い子が回答したらしいのですよ。 知りたい方は 「続きを読む」をクリックしてください。

 ご自分で答えを思いついた方は、ここまで読んでいただければ結構です。その方は、柔軟な発想の出来る方かもしれませんね。

 今日も、よい日となりますように。

「氷が溶けると・・・」 ・・・ 「春になる」 です。 なんだか、すてきですね。

♪「はーるよ 来い  はーやく 来い」

 ここまで、お読みいただき、ありがとうございます。

 今日もよい日となりますように。 

|

« アピールする演奏を | トップページ | 『ピアノ調律師』M・B・ゴフスタイン »

コメント

毎日、柔らかいまなざしのブログをさりげなく続けておられる姿勢に感服!感動!感激しています。
オイラはいつも木の上から目線であることに反省!
今朝の最低気温はマイナス0.1度・・・どおりで暖かく感じました。♪春よ、恋♪。早く乞い♪(親父ギャグ)おあとがよろしいようで!!!

※ ムーミンパパより

  いえいえ、温かく、優しいコメントをありがとうございます。うれしく読ませていただきました。飛騨も、だんだんんと春の慶びが近づいているのでしょうか。どうぞ、お健やかで。

投稿: ひだのフクロウ爺さんより | 2012年2月22日 (水) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 氷と花のリース:

« アピールする演奏を | トップページ | 『ピアノ調律師』M・B・ゴフスタイン »