« 輪違い(りんちがい) ・・・ 紅白の梅 | トップページ | 思ったことは、なるべく実行を »

2012年3月23日 (金)

アメリカ映画「愛情物語」

  岐阜市の柳ケ瀬は、美川憲一のヒット曲「柳ケ瀬ブルース」があるように、ずいぶんと活気のある繁華街でした。近年、めっきりと訪れる人が少なくなり、何とか活気づけようといろいろな取り組みが為されています。

 その一つに、映画館で、懐かしの名画をワンコイン・・・五百円で入れ替えなしでたっぷりと楽しめるように上映するという活動があります。 うーむ、まさに活動写真・・・いえ、昔は映画のことをこういったのです。

 先日まで、イタリア映画「ひまわり」が上映されていました。今日、23日までアメリカ映画「愛情物語」が上映されています。

Photo アメリカで人気を博したバンドリーダーの伝記映画は、「グレン・ミラー物語」、コルネット奏者レッド・ニコルスの「五つの銅貨」、クラリネットの「ベニー・グッドマン物語」などなどあるのですが、私が特に惹かれたのは、東京オリンピックの翌年くらいに観た「愛情物語 ーエディ・デューチン・ストーリー ー」です。

 写真は、初めてこの映画を観た後で購入したレコードのジャケットです。

 タイロン・パワー・ジュニアと、あまりの美しさにミステリアス・キムと呼ばれたキム・ノヴァクが主演 ・・・ ショパンのノクターンがテーマ曲となっており、実際のピアノ演奏は、カーメン・キャバレロが担当しました。

 この名画をスクリーンで鑑賞する機会は、おそらく今回を逃がしたらまず来ないだろう・・・と思いつつ、さて、足を運ぼうか、どうしよう と逡巡している私です。

 でも、心に残る映画のある人生って、幸せですよね。

 今日も、ご自分の人生の主役をつとめて、よい日となりますように。

|

« 輪違い(りんちがい) ・・・ 紅白の梅 | トップページ | 思ったことは、なるべく実行を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ映画「愛情物語」:

« 輪違い(りんちがい) ・・・ 紅白の梅 | トップページ | 思ったことは、なるべく実行を »