« 頂き物 | トップページ | 新聞の「声」欄から »

2012年4月15日 (日)

西行法師の歌

Photo_4 願はくは花の下にて春死なむ

 そのきさらぎの望月のころ

 こう読んだ西行の心を汲んで、命日と1日ずらして満月の日に西行忌を設定したとのことです。粋な計らいと申せましょうか。

 わたしの家から、歩いて行けないこともない距離にある市営の墓地は、なかなか広大です。運動場もあるのです。

「歩いて行けないこともない」と書きましたのは、歩いて行くことはできるけれども、帰りも歩いてくるには、やや距離があるということです。

  写真は、その墓地から撮ったものです。 梅にウグイス といわれますが、この日は、満開の桜に誘われてか、桜にウグイス という様相を呈していました。 なかなかいい声でしたよ。

 春爛漫 ・・・ とは言いながら、けっこう雨も降り、嵐もあるなか、可憐さとけなげさを兼ね備えている花たちに脱帽。 

 今日も、よい日となりますように。 生きる姿で意気に感じ合えたらすばらしいですね。

 日曜日・・・ キリスト教会の礼拝にどうぞ。

|

« 頂き物 | トップページ | 新聞の「声」欄から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西行法師の歌:

« 頂き物 | トップページ | 新聞の「声」欄から »