« マーフィの法則のニューバージョン | トップページ | 銀行 → 芸術の息づく場所へ »

2012年5月27日 (日)

「不可能」という語が載っている国語辞典

Photo ナポレオンは「我が輩の辞書には不可能ということばはない」と言ったそうです。

 この辞書、三省堂が創業130周年を期して刊行した『新明解国語辞典』第七版には「不可能」という言葉など、七万七千五百項目が掲載されています。 

 新しい「常用漢字表」に対応し、テレビにも時々登場して話題となっています。

 辞書というのは、それぞれの国の文化の総目録といわれる面があって、たとえば、ドイツにはあのグリム兄弟が手がけ、その後を俊秀の学者たちが引き継いで完成させたグリムのドイツ語辞典が金字塔となっています。

 

 『宮本武蔵』などで一世を風靡した吉川英治さんは、学歴は高くないのですが、文人たちの会で料亭の女将さんの言った単語はなんのことだろうと首をかしげる人たちのなかで、ただひとり、その言葉を知っていたという場面があったそうです。吉川英治さんは、時間があると辞書を読むことを楽しみとしていたとのこと。私も、及ばずながらそうした楽しみを持ちたいと思います。

 今日は、日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけくださいますように。人間は,ナポレオンも例外とせず、すべて「不可能」という語を理解し、その分をわきまえていることが必要な存在・・・けれど、そういういたらないところだらけのひとりひとりを神様は愛してくださっているのだということを聖書を読むたびに気付くことができます。

  今日も、よい日となりますように。

|

« マーフィの法則のニューバージョン | トップページ | 銀行 → 芸術の息づく場所へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「不可能」という語が載っている国語辞典:

« マーフィの法則のニューバージョン | トップページ | 銀行 → 芸術の息づく場所へ »