« バーベキュー | トップページ | 空に泳ぐや 鯉のぼり »

2012年5月 4日 (金)

「正鵠を失う・正鵠を得る」

 「的は射るもの」と先日書きました。それはそれとして、中国に「正鵠を失う」という言葉があり、それの対義的な表現として「正鵠を得る」があるということを追加しておきたいと思います。

 正鵠 ・・・ 「正」も「鵠」も、的の中心のことだそうです。射た矢が的の中心から外れたとき「正鵠を失う・失する」という表現があるので、的の中心に当たったときは、「失う」に対して「得る」、したがって「正鵠を得る」ということになり、実際に用例があるとのこと。 

 それとは別に、「当を得る」という表現もありますね。この場合は、得る、でいいわけです。 

 諸説あるようですが、「的を射る」「正鵠を得る」「当を得る」という表記、表現が「間違っている」と指摘されることのない言葉ということだと私は思います。 

 ただし、いつも辞書を引いて確かめながら話す ・・・ というようなことになってはお互いに窮屈になって、ろくに物も言えなくなってしまいますので、ことばをあげつらうのでなく、温かい聞き手となり言わんとする心を聴き合うことを、コミュニケーション成立の基盤とする、ということでいかがでしょうか。

 天候は不安定かもしれませんが、よきコミュニケーションを通して心の通い合いが成立するよい日となりますように。

|

« バーベキュー | トップページ | 空に泳ぐや 鯉のぼり »

コメント

的を射る/得るは、同じ意味の正鵠を射る/正鵠を得るからの変化という説があります。
正鵠を射る/得るの語源は、中国『礼記』の「不失正鵠」とされています。
不失正鵠は「正鵠を失わず」と訓読みされます。
しかし漢語で失はlost以外にもmissという意味があり、失の対義語はgetの得ではなく、hitの中。
漢籍に得正鵠の用例はなく、中正鵠の用例が散見されます。
不失正鵠の和訳は「正鵠をそれず/正鵠を外れず/的をそれず/的を外れず」となります。
日本語の射るには『平家物語』などでわかるように、当たるという意味を持ちます。
中正鵠を和訳すると「正鵠に中る/的を射る/正鵠を射る/的に中る」となります。
よって的を得るの基となった正鵠を得るは、語源となった漢語を誤読・誤訳したものであるという説があります。

※  詳しいコメントをいただき、ありがとうございます。
  学ばせていただきました。 何事も、奥が深いものですね。 ライターさんの蘭、割愛させていただきました。お許しくださいますように。

投稿: ○○○○ | 2015年7月18日 (土) 13時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「正鵠を失う・正鵠を得る」:

« バーベキュー | トップページ | 空に泳ぐや 鯉のぼり »