« ー ハンニバル戦記 ー その④ 百人隊長 | トップページ | 風知草 »

2012年6月29日 (金)

えっ、ヌートリアが・・・

Pap_0022  散歩コースからほど近いところに、何か意味ありげなかごが二つ・・・ 田圃のあぜの手入れをしていたかたが、「ヌートリアが巣を作っているようで、苗を食べたりするので、捕まえようと思って」とのこと。 

 おお、ヌートリアって何のことだと、お尋ねくださいますか。ありがとうございます。

 ヌートリア・・・ 体長は50~70cm、体重は5~15kg、げっ歯目ヌートリア科の草食動物で、もともと日本列島に住んでいた動物ではありません。野生のヌートリアは、主に南米のブラジルからアルゼンチンにかけての河川に分布しています。それが、1930年頃から日本でも軍用服の需要が高まったため、毛皮獣として輸入、飼育されるようになりました。が、後にその一部が逃げ出して、現在のように日本各地のあちこちの河川に住み着くようになったのです。

 と、インターネットで検索すると載っていました。巨大ネズミともいわれ、泳ぎも得意だそうです。省略してか、「ヌウ」と呼ばれることもあったようです。最初は、150匹、輸入されたそうですが、上記のように増えて、帰化動物となりました。

Photo
 これも、インターネットから借用した写真です・・ 私は、岐阜市の川で泳いでいる姿を見たことはあるのですが、陸に上がったところは見たことがありませんでした。

 わなを仕掛けたかたは、「餌はサツマイモがいいらしいけれど、とりあえず、バナナで試してみる」と話されました。

 毛皮で軍用服を作るために連れてこられ、そして駆除の対象にされているという、かわいそうな面がありますね。 人間の都合で生態系に変化をもたらすことは、できるだけ避けたいものだと思いました。 

 夜行性だそうですから、散歩中に出会うことはまずないと思いますが、意外に近いところに生息していることが分かり、お近づきになりたいとは思いませんが、書かせていただきました。 

 その後、わなのかごは見られなくなりました。捕獲に成功したのか、あきらめたのか、未確認です。

 今日も、よい日となりますように。

 

|

« ー ハンニバル戦記 ー その④ 百人隊長 | トップページ | 風知草 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: えっ、ヌートリアが・・・:

« ー ハンニバル戦記 ー その④ 百人隊長 | トップページ | 風知草 »