« ゴーヤとバナナのミックスジュース | トップページ | 『ねえ、委員長』 市川拓司 »

2012年8月 7日 (火)

立秋

 嬉しいではありませんか ・・・ 今日は立秋とのこと。

英語では   the first day of autumn by the old calendar 

とか the first day of fall などと表現するそうです。

 角川の歳時記では、次のように説明され、「立秋」の俳句が紹介されています。関心のある方はご覧ください。 実際にはまだまだ暑い日が続くことでしょうが、ご存じのように今日からは「残暑」ということになり、しのぎやすくなるように思えます。 よき立秋となりますように。

 立秋

秋立つ(あきたつ) 秋来る(あききたる) 秋に入る(あきにいる) 今朝の秋(けさのあき)

「秋-時候」の季語
二十四節気の一つで、新暦八月七日ごろにあたる。暦の上ではこの日から秋に入るが、実際にはまだ暑さが厳しい。しかし朝夕などは、秋の気配がどことなく感じられる。

そよりともせいで秋たつ事かいの  鬼貫

秋たつや何におどろく陰陽師     蕪村

立秋の白波に逢ひ松に逢ひ     阿部みどり女

川半ばまで立秋の山の影      桂信子

立秋の草のするどきみどりかな   鷲谷七菜子

立秋と聞けば心も添ふ如く     稲畑汀子

立秋や一つは白き加賀手鞠    大井雅人

秋たつや川瀬にまじる風の音   飯田蛇笏

青空のただ一ト色に秋立ちぬ   小島政二郎

秋立つと酒田の雨を聴くばかり   黒田杏子

草花を画く日課や秋に入る     正岡子規

けさ秋の一帆生みぬ中の海    原石鼎

今朝秋と思ふ聴診器を執りて    新明紫明

|

« ゴーヤとバナナのミックスジュース | トップページ | 『ねえ、委員長』 市川拓司 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立秋:

« ゴーヤとバナナのミックスジュース | トップページ | 『ねえ、委員長』 市川拓司 »