« 青い目の人形 | トップページ | 『クオレ』 »

2012年8月 1日 (水)

芝生の散髪

Photo 夏草の勢いに負けず、活躍している芝刈り機のがんばり・・・この写真の下方を見ていただくとそれが感じていただけるかもしれません。

 ふと、次の詩が浮かんできました。

道程 高村光太郎

僕の前に道はない
僕の後ろに道は出来る
ああ、自然よ
父よ
僕を一人立ちさせた広大な父よ
僕から目を離さないで守る事をせよ
常に父の気魄(きはく)を僕に充たせよ
この遠い道程のため
この遠い道程のため

  この詩を学んだのは、中学生のとき・・・当時の教科書には、「アンクル・トムの小屋」やオーヘンリーの「最後の一葉」などが収められていて、教えてくださったS先生の顔と共に懐かしく思い出します。

 人生の道を切り拓くには、たくましい芝刈り機ではなく、鎌やスコップくらいしか使えないのかも知れません。けれど、それゆえに少しでも道を拓くことができたら、とても値打ちのある道ですよね。 ちなみにこの詩は1914年、大正3年の作だそうです。

 8月のスタート。今日も、明日につながる道を拓くよい日となりますように。

|

« 青い目の人形 | トップページ | 『クオレ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芝生の散髪:

« 青い目の人形 | トップページ | 『クオレ』 »