« 飛騨の桃 | トップページ | 『龍太語る』 »

2012年8月18日 (土)

『音楽史を彩る女性たち』 五線譜のばら2

0004 『音楽史を彩る女性たち』

萩谷由喜子(はぎや ゆきこ) 著

株式会社ショパン

2005年12月2日 第一刷 発行

 この著者には、『五線譜の薔薇』という本があり、本書はその姉妹編にあたります。

12人の女性 ・・・ 修道女として生きつつ、聖歌を作詞作曲した1098年生まれのヒルデガルト・フォン・ビンゲン

クララ・シューマンのライバル、プレイエル・ピアノの若奥様マリープレイエル

 劇的不倫を貫いてワグナー芸術を完成させたリストの娘コージマ

ストラヴィンスキーとのロマンスとロシア・バレエ団への後援ココ・シャネル

ナチの毒手と病魔を克服したピアノの名花 クララ・ハスキル

ヒトラーに反旗を翻し名歌「リリー・マルレーン」で前線慰問 マレーネ・ディートリッヒ

 などなど。目次から抜き出して羅列させていただきました。私の中からはちょっと出てこない語彙が並んでいますが、ご了承ください。なかなかの情報と筆力 ・・・ よろしければ、どうぞ。

 今日も、よい日となりますように。

 明日は、日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。

|

« 飛騨の桃 | トップページ | 『龍太語る』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『音楽史を彩る女性たち』 五線譜のばら2:

« 飛騨の桃 | トップページ | 『龍太語る』 »