« ゆく夏 | トップページ | 心に清風が・・・ »

2012年8月30日 (木)

アガサ・クリスティ

Photo_2

 時々、ミステリーを読みたくなることって、おありでしょうか。

 私も、そういう気持ちに駆られて、久しぶりにアガサ・クリスティの本を二冊読んでみました。

 あまり入り組んでいるのは、頭がついていけないことが明らかになると癪ですから、どちらかというと児童向け、と申しますか、そういう感じのものを。 それでも理解できなかったら、どうしようと、内容よりもそちらのほうがサスペンス (^J^) 一粒で二度おいしい とかいうコマーシャルがありましたが・・・

 世界の名探偵 6

『ミス・マープル』 

ーなぞの金塊事件 他 ー   

岩崎書店 2001年 3月10日 第一刷 発行

Photo_3

『なぜ エヴァンズに いわない?』

 茅野 美ど里 訳

偕成社 

 2004年 2月 初版第一刷

 これは、クリスティの作品には珍しく、謎解き役の探偵が出てこない、しろうとのボビーとフランキーが巻き込まれる冒険ミステリー風の物語です。

 崖から落ちたか、突き落とされたかして亡くなる男性が、言い残すひとことが「なぜ エヴァンズにいわない?」 ・・・ ええっ? いったいエヴァンズって誰 ?  そもそも、亡くなった あなたって どういう人なの ?

 と気になって事件に巻き込まれていく二人 ・・・

 どういう物語か気になるかたは どうぞ。

 今日も、よい日となりますように。

 

|

« ゆく夏 | トップページ | 心に清風が・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アガサ・クリスティ:

« ゆく夏 | トップページ | 心に清風が・・・ »