« 『宮沢賢治歌集』  | トップページ | 宮沢賢治の短歌  3 »

2012年8月13日 (月)

宮沢賢治の短歌 2

 昨日に続いて、『宮沢賢治短歌集』 (森荘已池 校注 未知谷 発行)から賢治の短歌を紹介させていただきます。 私が知らなかっただけで、ご存じの方も多いのかも知れませんがお許しください。

0001_2

 まずは、涼しくなる写真を添えて ・・・

岩手山いただきをふぶきとめたれば

谷は天へとつらなるごとし

 賢治の短歌は、広大な自然、空がよく登場し、そして「名も無い草」などとは決して書かず、雑草もちゃんとその名をあげられています。

 では、雪山から一転して、夏の歌を。

 夏りんご

 少しならべてつつましく

 まなこをつむる露天の若者

 うーむ、情景が浮かんできますね。

 明日、もう一度、賢治の歌におつきあいください。

 今日も、よい日となりますように。

 

|

« 『宮沢賢治歌集』  | トップページ | 宮沢賢治の短歌  3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮沢賢治の短歌 2:

« 『宮沢賢治歌集』  | トップページ | 宮沢賢治の短歌  3 »