« 『アンデルセンの幸せ探し』 | トップページ | 「10年、若返りました」 »

2012年10月 7日 (日)

ピアニスト 舘野 泉 さん

0004  ある大リーガーがこんな言葉を残しているそうです。 

 私の誇りは、倒れなかったことではない。幾度倒れてもそのたびに全力を尽くして立ち上がったことだ。

  館野 泉さんも、そういう方かもしれません。 

 2002年、1月に脳溢血で倒れられ、その後遺症で右半身が思うように動かせないそうですが。2003年8月に、左手のピアニストとして復帰されました。 

 一度、リサイタルをお聴きしました。ピアノの上には左手だけだが、演奏は全身全霊でするものだ・・・ そういう気概、音楽への構えが込められているように感じました。

 質の高い、あたたかな音楽という思いがいたします。いけるかどうか分かりませんが、10月15日(月)の19時から岐阜市のサラマンカホールでリサイタルだそうです。 よい食べ物を食べると体によいですよね。よい芸術を鑑賞すると魂によいのだと思います。 いいものにふれる機会を大事にしたいこの秋です。 

 今日も、よい日となりますように。 

 日曜日、キリスト教会の礼拝にお出かけください。神様との出会いは人生で最も価値のある宝となります。

 

|

« 『アンデルセンの幸せ探し』 | トップページ | 「10年、若返りました」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピアニスト 舘野 泉 さん:

« 『アンデルセンの幸せ探し』 | トップページ | 「10年、若返りました」 »