« クリスマス エキシビション | トップページ | 『』ぼくが探偵だった夏 »

2012年11月25日 (日)

チョコボ

0003 「チョコボ」は『ちょこっとボランティア』のことだそうです。写真は、チョコクッキーです。

  東北復興支援のための食べるボランティアシリーズというのがあるのだそうです。

 岐阜市のある小学校が被災地に桜の苗木を贈る活動をしていて、その一環でこのチョコクッキーを子どもたち、保護者、地域の方々が購入して被災地の復興を支援しておられるとのこと・・・ 素敵な活動だと、感銘を受けました。 

 被災された方々に、息の長い支援を、続けていきたいですね。 

 今日は日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけくださいますように。

|

« クリスマス エキシビション | トップページ | 『』ぼくが探偵だった夏 »

コメント

先日は、東長良中のわが校発表会で久しぶりにお会いでき、うれしく思いました。今年の3月11日に南三陸町へ追悼に出かけて以来、7月13日に石巻へ、10月13日には七ヶ浜町、11月9日に陸前高田市にそれぞれ0泊3日で復興ボランティアに出かけました。その際に必ずチョコボを本校職員用に購入しています。このKI(気持ち・一杯)プロジェクトは、金山印刷の社長が主宰されていて、チョコボも彼の発案です。ペタボ(シール)もよく購入し。子どもたちの何かの頑張りにプレゼントしていますが、人気です。
 先日の桜ライン3.11の植樹ボランティアでは、こんな句を作りました。 復興の足音遠き枯野かな 駄作ですが、句会に出しました。1年9ヶ月過ぎても、復興はまだまだです。地元でボランティア活動をしている女子高生の「忘れて欲しくない」という言葉が印象的でした。東北から帰るたびに、集会で子どもたちに話すようにしていますが、真剣な眼差しで聞いてくれます。
 時節柄、ご自愛ください。    

※ ムーミンパパより 

 コメント、ありがとうございます。 三回、東北にボランティアにお出かけになり、戻られるとお勤めになっている小学校の子どもたちに被災地の様子、被災地の方の声を届けておられること、読ませていただいて感銘いたしました。
 マザーテレサの言葉を思い浮かべました。「私たちにできることは大海の一滴のような小さなことかもしれません。けれど、その一滴がなかったら、海も存在しないのです」
 
  寒さに向かう日々ですが、心のぬくもりを広げる歩みを、お健やかでどうぞ。 私もお目にかかれて喜んで励んでおります。 今日も、よい日となりますように。 

投稿: kou.じいちゃん | 2012年11月26日 (月) 02時20分

チョコボ 私も売っています。(笑)
食べるボランティア 売るボランティア
どなたでも 参加しやすいように ばら売りで扱っています。
子どもたちの評判もいいです。

※ ムーミンパパより
 コメント、ありがとうございます。
 子どもたちの参加、支援も得られるということは、子どもたち自身にとっても、大きな意味のあることですね。

 熱しやすく冷めやすい、ということにならないよう、長い間ぐつぐつ煮えている大きな土鍋を通して、たくさんの人があたたまれる取り組みが続けられていることを尊く思います。

投稿: kei | 2012年11月25日 (日) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チョコボ:

« クリスマス エキシビション | トップページ | 『』ぼくが探偵だった夏 »