« 『才能以前のピアノの常識』 | トップページ | 『あるじは秀吉』 »

2012年11月28日 (水)

『鰻のたたき』

0006『鰻のたたき』

内海隆一郎 著

光文社 1993年11月25日

初版第一冊 発行 

 10の短編が収められています。それぞれ腕利きの板前さんの居るこぢんまりした割烹料理屋が登場しますから、これ一冊で10軒の料理屋さんの物語が味わえるわけです。 

 鰻のたたきが好評の[川郷}、絶品のポテトサラダがこのところ出てこない(番小屋)、タラノメ・ヤマウド・ノビル・ノカンゾウ・ノゼリなど、女主人たちがその朝摘んだばかりの山菜がたっぷりの居酒屋(淡々亭)などなど ・・・ 人情も料理と一緒に賞味できる一冊だと思いました。

 今日も、味わい深い時間が連なる良い一日となりますように。

|

« 『才能以前のピアノの常識』 | トップページ | 『あるじは秀吉』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『鰻のたたき』:

« 『才能以前のピアノの常識』 | トップページ | 『あるじは秀吉』 »