« 『ピアニストは指先で考える』 その2 | トップページ | レ・ミゼラブル »

2012年12月30日 (日)

『スタンフォードの 自分を変える教室』

0006 大学内の書店に足を運びましたら、この本が目につきました。詳しくは存じませんけれど、スタンフォード大学というのは、アメリカではかなり有名な学校らしいのです。 

『スタンフォードの 自分を変える教室』 ケリー・マクゴニガル 著

神崎朗子 訳 

大和(だいわ)書房 2012年10月31日

第一刷 発行

 「スタンフォード大学の超人気講座、ついに日本上陸。心理学、神経科学から経済学まで、最新の科学的成果を盛り込み、受講した学生の97%の人生に影響を与えた「驚くべきレッスン」 

 表紙のカバーにこんなふうに書かれていましたので、おお、そんな講義があるのか、どれどれ、という気持ちになりました。自分との違いに落ち込んでしまうかもしれませんけれど。 

 自分を変える教室 ・・・ 意志力の講座だそうですが学生だけでなく、企業の役員、教師、スポーツ選手、医療従事者、そして受講した人がその配偶者やこども、同僚まで連れてくるようになったそうです。 97%が自分自身の行動を以前よりもよく理解できるようになり、84%の受講生が、授業で学んだ方法のおかげで以前よりも意志力が強くなったとアンケートに回答したそうです。 

 ダイエットを志している人が、「成果が上がっていますよ。ごほうびにチョコとりんごのどちらかを差し上げます」と言われると、あまり成果が上がっていないといわれた人はりんごを選ぶのに、上記のように言われた人はチョコを選ぶ率が高いのだそうです。 

・・・ なんと、人は目標に向かって前進すると、逆に目標から遠ざかるような行動をしたくなるという研究結果があるのだそうです。 「これだけ正しく生きてきたから、ごほうびにちょっとくらい・・・」

 こういう思いを、普段よいことを積んでいると少しの悪いことくらい大目に見てもらえる免許が手に入っているという錯覚・・・ モラル・ライセンシング効果というらしいのですけれど。 これは、正しく生きようと努めながら罪を犯す方向に引っ張られがちな人間の弱さを最近の脳科学や心理学の成果と結んで理解し、「自制心は筋肉のように鍛えられる」方向へ導いてくれる本かもしれないという気もしています。聖書と合わせて読むとよいように私としては思います。 

 年の瀬も押し迫っているときに長くなりすみません。 

 今日は、日曜日。キリスト教会の礼拝にどうぞ。今日も、よい日となりますように。

|

« 『ピアニストは指先で考える』 その2 | トップページ | レ・ミゼラブル »

コメント

自分のモラル観が、自分自身に対してはやっぱり甘いので、ムーミンパパの「モラルライセンシング」の記事をあれやこれやと、ポケットの中に入れて考えていました。
次のようなインターネットの記事に出会い大変参考になったので、シェアさせていただきます。
「自分の脳のTendencyの裏をかく。
これは、ちょっと前に読んだ「脳には妙なクセがある」もかなり参考になりますが、自分の脳によびかけて、「そうじゃないですよ~」と言い聞かせながら 進むしかない、と思われます。
自分の脳がいつものクセに陥りそうになったら、「おーい、しっかり!」と呼びかけて連れ戻す。
もうただただガムシャラに、真剣に、そんなことをしていくしかないのかもしれません。
まあ、今までの課題として、
睡眠を充分とって、脳をしっかり機能させ、自己コントロール力をつけることがありましたのでそんな風にあさっての方向に向かってしまいそうな自分を制御できるようになってきているのかもしれませんが。
いずれにしても目標の先、をいかに具体的にご褒美的に描けるのかが重要ですね。
だから過程でふらふらとつまずかないように。
 最近とみに、同じ現実をみていても、その先にあることをどうとらえるかによって全く違う現実が存在すると感じさせられています。」

 この本の著者は クリスチャンかどうかはわかりませんが、ムーミンパパのご指摘のように、聖書を読み親しみ、規範とすることが大切だなと、共感させられました。

※ ムーミンパパより
  いただいたコメントは今年最初のものとなりました。・・・お年玉はありませんけれど。

 この本を読んでいると、少なくとも著者は聖書を読んでいる人だと思えてきます。
 とうのは、この本の、目標達成に邁進する意志をたくみに眠らせてマイナス方向に行動を導く心理、脳の働きについての記述と、聖書に書かれている罪について・・・ よいことをなそうと願いながらも、神様から離れて、逆にマイナス方向のことばかりなしてしまうことへの嘆きが書かれているところとが呼応しているように思えるからです。 

 いろいろな本、情報があふれる現代ですが、自分の人生・おこないのハンドルを自分自身がしっかりと握って、一日、一日を大切に歩んでまいりましょう。よき日々となりますように。

投稿: kei | 2013年1月 1日 (火) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『スタンフォードの 自分を変える教室』:

« 『ピアニストは指先で考える』 その2 | トップページ | レ・ミゼラブル »