« クリスマス | トップページ | 年の瀬 »

2012年12月26日 (水)

百年続く店

 ハナミズキという歌に、「百年続きますように」という歌詞がありますね。 

 百年続くというのは、すごいことではないでしょうか。 

 岩波書店が創業百年を迎えるのだそうです。「図書」という岩波書店の月刊広報誌といってよいのでしょうか、その巻頭に伊東光晴という方が書いておられます。その文章の中に、2010年の時点で百年を迎えた日本の企業は2万2271社、4百年以上を迎える企業は164社あるのだそうです。 

 先代、あるいは創始者のしていたことを墨守するのでなく、その求めたところを求めて常に挑戦し続ける ・・・ そういう気概がなければ百年以上続く老舗はたもつことはできない、と聞いたことがあります。 

 芭蕉が弟子に語った言葉に、時代が変わっても変わってはいけない「不易」と、変化に柔軟に対応して変えるべき「流行」を的確に判断して進まねばならないという教えがあるそうです。

 新年を迎えるに当たって、私自身の「不易」と「流行」に、しばし思いを巡らしてみたいと思います。 ・・・ うーん、全部が「流行」でも、全部が「不易」でも困りますよね。 

 今日も、よい日となりますように。

|

« クリスマス | トップページ | 年の瀬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百年続く店:

« クリスマス | トップページ | 年の瀬 »