« 星野富弘さん | トップページ | バイオリニスト 樫本大進さん »

2013年1月31日 (木)

『お母さんの詩』

Photo『お母さんの詩』 

サトーハチロー記念 「おかあさんの詩」全国コンクール実行委員会「編」

立成佼正会 平成14年11月30日 初版第一刷 発行

 読んでいて、うーむ、子どもの視点から切実に、でもユーモアも込めてかいているなあという作品が多いように思いました。

佐藤拓美 小学4年生

お母さんの口

 お母さんのくちは

 

どうなっているの

 

ぼくが何か言うと

 

きかんじゅうのように

 

かえってくる

 

よくあんなに

 

口がまわるもんだなあ

 

お母さんの口は

 

ぼくがきたえてあげたかも

すてきな親子ですね。 

 今日も、生活の中から詩が生まれるような、よい日となりますように。

|

« 星野富弘さん | トップページ | バイオリニスト 樫本大進さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『お母さんの詩』:

« 星野富弘さん | トップページ | バイオリニスト 樫本大進さん »