« 永遠への思い | トップページ | 夕映えの岐阜城 »

2013年1月 8日 (火)

漱石は甘党だった

 「グレーテルのかまど」というテレビ番組を見ていました。その日作られたのはようかん。 

 ようかん ・・・ 羊羹と書くのは、もともとは羊の肉を入れた羹(あつもの・・・スープ)を源流としているからだそうです。 

  それはともかく、漱石が好んだ羊羹も紹介されました。今もそのお店があるとのこと。 お酒を飲まなかった漱石は、甘党で、シュークリームがいくつかあると、喜んで独り占めすることもあったようなのです。文豪がちょっと身近になった気がいたしました。 もちろん、シュークリームを食べると文豪になれる、ということではありませぬ。 

 7日夜、青木さんというパティシエがシュークリームの作り方を伝授する番組をちらと見て、「作れる?」と家内に尋ねましたら、「作れるけれど、カロリーが高いから・・・」とのこと。 

 家庭で一個だけ作るのは難しいでしょうから、ほんの時々購入するのを楽しみといたしまする。 

 別のことですが、時々、「ヘンゼルとグレーテル」「チルチル ミチル」 それぞれ、どれが兄の名、妹の名?と迷うことがあります。 グレーテルといっても、とてもよい子で、ぐれてるわけではありませんね。 あっ、こんなしゃれは書かないつもりでしたのに、すみません。 

 さて、今日も、よい日となりますように。

 今日は、私の兄の誕生日です。おめでとうございます。

|

« 永遠への思い | トップページ | 夕映えの岐阜城 »

コメント

公開でのお祝いのお言葉ありがたく存じます。鏡を見ながら「これでも70歳の顔かなー。熟成していないなー」とつぶやいています。夏目漱石やムーミンパパ氏と同じく私もシュークリーム好きです。お近づきになれて光栄です。

※ ムーミンパパより
 コメント、ありがとうございます。
改めまして、誕生日、おめでとうございます。
ワインなどのには、長いものでは本当に何百年というのがあるそうですね。 
 そうだ!「年齢の割に若い顔だ」と考えることもできます。 飛騨に降る雪を元気に除雪して教会に皆さんを迎えておられると伝え聞いています。
 どうぞ、若さを保って、生涯、育ち続け、これからもよい手本を示してくださいますように。
 つたないブログを訪れ、励ましていただいてありがとうございます (^J^)

投稿: 誕生日の爺さんより | 2013年1月 8日 (火) 10時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 漱石は甘党だった:

« 永遠への思い | トップページ | 夕映えの岐阜城 »