« 朝方の岐阜城 | トップページ | 成人式 »

2013年1月13日 (日)

血圧の測り方

 血圧をテーマにした「ためしてガッテン」という放送を見ました。勉強になったのは、腕に巻いて計測する血圧計の場合、両方の腕で測った数値の違いが10%以内かどうかをみることが大切だと分かったことです。 

 これは、どちらかの側だけ、血管が硬くなったり、つまったりしていないかを診断する方法なのだそうです。

 血圧を測るのはどちらか片側だけでいいと思っていましたから、ちょっと驚きました。健康診断の時にも、たいていは片側だけですよね。 

 さっそく、普段大事にしまってある(めんどうで測っていないともいいます)電池式の血圧計を久々に出してきて測ってみました。左右で差はありますが、幸いなことに10%よりも小さい違いでした。

  以来、血圧計の登板回数が増えました ・・・ そうしましたら電池が切れましたので、補充する事態になりました。 うーん、でも、血管が高血圧のために切れることを思えば、電池の補充くらいは ・・・。 というわけで、電池を買いに行ってきます。 余談ですが、一瞬で体温を正確に測れる体温計も登場しているようですね。

 今日も、よい日となりますように。

 今日は、日曜日。どうぞ、キリスト教会の礼拝にお出かけください。 あなたを愛してくださっている神様が喜んでくださいます。

|

« 朝方の岐阜城 | トップページ | 成人式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 血圧の測り方:

« 朝方の岐阜城 | トップページ | 成人式 »