« よき一年となりますように | トップページ | パレアナ ・・・ 喜び »

2013年1月 3日 (木)

和菓子

0002_2  お正月には、和の心がよく似合う ・・・
テレビやラジオからは琴の音が流れてきますし、和菓子を前にすると、私のような心得のない身でも、抹茶と合わせていただきたくなります。
 どんなにたくさんの時間と心と技がそそがれて、こんなに美しいたたずまいの和菓子が生まれたのだろう・・・ そんなことを殊勝にも思い浮かべ、「食べてしまうのはもったいない」 「いや、味わってこそ、作ったかたの心を生かすことになる」などと しばし、葛藤し ← うそです 和菓子を目にした数秒後には、美味しくいただいてしまっております。
  美は、はかない ・・・ いえ、もともと、はかなさと美とは切り離せないものなのかもしれませんね。
 正月明けに、私本体が増量していないように、自重して冬休みを過ごそうと思います。
ううっ、「自重」 じちょうと読むより、じじゅう ・・・自分の重さという読みのほうが先にイメージされる自分がこわい
 せっかくのお正月なのに、こんな文章におつきあいいただいて、ありがとうございます。
 今日も、よい日となりますように。
 

|

« よき一年となりますように | トップページ | パレアナ ・・・ 喜び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和菓子:

« よき一年となりますように | トップページ | パレアナ ・・・ 喜び »