« 漱石は甘党だった | トップページ | 風呂吹大根 »

2013年1月 9日 (水)

夕映えの岐阜城

0001  岐阜市といえば、織田信長公ゆかりの岐阜城と金華山 ・・・ 夕焼け空が広がったので、急ぎ足でウオーキングしてこの写真を撮りました。 

 金華山には芭蕉の句碑がいくつか建てられています。リス村もあります。

イノシシも棲息していますが、人と鉢合わせをするような時間帯には出てこないそうです。 

 ロープウエイもありますが、できれば歩いて登るのがよく、やや険しい道と、緩やかな道が選べます。警察学校の若いお巡りさんが健脚を競う早登り大会があり、びっくりするほど早い記録を目にすることがあります。 

 ふもとには、舟を作っている工場もあります。よろしければ、お好みの季節にお出かけくださいませ。 長良川とセットになっている景観が、また格別です。 

  今日も、大きな景色を眺め、心身の深呼吸をする時間を設けて、よい日となりますように。

 

 

|

« 漱石は甘党だった | トップページ | 風呂吹大根 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夕映えの岐阜城:

« 漱石は甘党だった | トップページ | 風呂吹大根 »