« 朝の果物 | トップページ | 「自炊」ということばに加わった新しい意味 »

2013年3月12日 (火)

白玉椿

0003   「きへん」 プラス「はる」 =「椿」ですから、やはり、つばきは春の木ですね。

  庭の白玉椿を家内が活けて、写真も撮ってくれました。 

 木にいくつか咲いているのもいいかなと思ったのですが、一輪をこんなふうに撮るのも、またいいですね。 

 音楽のハーモニーの美も、一つ一つの音がしっかりとしているから、響き合う美が出てくるのでしょうね。 

 さて、今日も、よきハーモニーを創り出す すてきな音色を発し合うことができますように。

  おまけです。

 「きへん」プラス「なつ」、そして「あき」、「ふゆ」 ・・・ 四季がそろっているのですね。 興味がおありのかたは、それぞれ、どんな木なのか、思い出したり、お調べになったりしてくださいませ。

|

« 朝の果物 | トップページ | 「自炊」ということばに加わった新しい意味 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白玉椿:

« 朝の果物 | トップページ | 「自炊」ということばに加わった新しい意味 »