« 『アンクルトムズ・ケビンの幽霊』 池永 陽 著 | トップページ | 新美南吉 生誕100年 »

2013年5月30日 (木)

映画 「岳」(ガク)

 「岳」(ガク)は、コミックスの原作が映画化されたものです。こうしたことについては、私より詳しいかたがたくさんおられることと思います。 

 映画館には行きませんでしたが、テレビで放送されましたので、今回見る機会を得た次第です。 

 北アルプスの山々と、その上に広がる空の何と美しいことでしょう。荘厳なまでに。 

 主人公は、この大自然たち ・・・ そして、山に住んでいるというより山そのものと遭難救助隊の人にも言われている、島崎三歩 ・・・ コミックの中で抜群の明るさと体力、強靱な意志を見せるその三歩を演じる小栗旬という俳優さんの何とさわやかなことでしょう。 

 人の生き死にに直面するシビアな場面が次々と展開します。厳しい山に登るよりは、寝そべってお煎餅などかじりながら本を読んでいるほうがずっと好きな私ですが、それでもと申しますか、それゆえにかもしれませんが、感動するところがたくさんありました。 

 今日も、よい日となりますように。

 仕事も人生も、高みに登ると眺望が開けるとともに、新たな山が現れてくるように思います。うーん、なんて○○○○○なんでしょう ← ○の数にとらわれないでお好みの修飾語をお入れください。

|

« 『アンクルトムズ・ケビンの幽霊』 池永 陽 著 | トップページ | 新美南吉 生誕100年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 「岳」(ガク):

« 『アンクルトムズ・ケビンの幽霊』 池永 陽 著 | トップページ | 新美南吉 生誕100年 »