« 花束 同窓会 | トップページ | 木の実 »

2013年5月23日 (木)

岐阜大学のバラ園

0008 岐阜大学の音楽棟のそばにバラ園があります。

 気温が上がって、たくさんのバラが開花・・・ バラ園に近づいていくと、あまやかな香りがただよってきます。

北原白秋の詩が浮かんできますね。

 一
    薔薇ノ木ニ
    薔薇ノ花咲ク
    ナニゴトノ不思議ナケレド

 

 二
    薔薇ノ花
    ナニゴトノ不思議ナケレド
    照リ極マレド木ヨリコボルル0009
    光リコボルル
 
             北原白秋 「薔薇二曲」『白金ノ独楽』

 もう一カ所、バラの登場する文学作品を

「薔薇はたとえどんな名前で呼ばれても甘く香るって本で読んだけれど、絶対にそんなことはないと思うわ。薔薇が薊(あざみ)とか座禅草(スカンク・キャベツ)とかいう名前だったら、あんないい香りはしないはずよ」 ^-「赤毛のアン」からー 

 ちなみに、このアンのことばは、シェークスピアの『ロミオとジュリエット』( )の第二幕、第二場の

“What's in a name? that which we call a rose
By any other name would smell as sweet.

を踏まえているのだそうです。 それはともかく、バラも、そしていろいろな花々もそれぞれすてきですね。

 今日も、よい日となりますように。

0017


 

|

« 花束 同窓会 | トップページ | 木の実 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岐阜大学のバラ園:

« 花束 同窓会 | トップページ | 木の実 »