« 料理愛好家 平野レミさんのお父さんのことば | トップページ | やえのドクダミ »

2013年6月 2日 (日)

そら豆のベッド

Photo そら豆をいただき、さやから取り出していた家内が「ほらっ、柔らかいベッドのよう」と、見せてくれました。 

  なるほど …  そら豆をこのような環境で生長させてくださる神様のご配慮って、本当にすばらしいですね。

 今日も、よい日となりますように。

 日曜日、キリスト教会の礼拝にお出かけください。

【聖書 マタイによる福音書 6章から】

6:26 空の鳥を見なさい。種蒔きもせず、刈り入れもせず、倉に納めることもしません。けれども、あなたがたの天の父がこれを養っていてくださるのです。あなたがたは、鳥よりも、もっとすぐれたものではありませんか。

6:27 あなたがたのうちだれが、心配したからといって、自分のいのちを少しでも延ばすことができますか。

6:28 なぜ着物のことで心配するのですか。野のゆりがどうして育つのか、よくわきまえなさい。働きもせず、紡ぎもしません。

6:29 しかし、わたし(イエス・キリスト)はあなたがたに言います。栄華を窮めたソロモンでさえ、このような花の一つほどにも着飾ってはいませんでした。

6:30 きょうあっても、あすは炉に投げ込まれる野の草さえ、神はこれほどに装ってくださるのだから、ましてあなたがたに、よくしてくださらないわけがありましょうか。

  ※ 上に引用したのは、イエス・キリストが語った山上の垂訓の一部です。

 

|

« 料理愛好家 平野レミさんのお父さんのことば | トップページ | やえのドクダミ »

コメント

  「ほら柔かいベットのよう」目覚めて一番に開いたブログ、まだ布団の温かさが残っている私の心にコメントを書かずにおられなくしました。ムーミンパパお幸せですね。優しく温かい奥様との毎日、先生のお人柄が一層磨きがかかるはずですね。
私も主人と47年もともに歩みましたが、いがみあいが多かった日々。残る人生、先生ご夫妻のように生きていきたいものと感じさせていただきました。

※ ムーミンパパより
 いえいえ、ご主人と夢希さん、とてもすてきなご夫妻です。たしか、ご主人はお飼いになっていたウサギが逃げていくのを追いかけて連れ戻すほどの俊足・・・ 私など脱走をはかるカメに追いつけるかどうか、自信がありません。

 けんかするほど仲がよい ・・・ 私のほうこそ、見習わせていただきたい明るい笑顔のご夫婦です。これからもよろしくお願いいたします。

投稿: 夢希 | 2013年6月 2日 (日) 07時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そら豆のベッド:

« 料理愛好家 平野レミさんのお父さんのことば | トップページ | やえのドクダミ »