« 百日紅・猿滑り | トップページ | 『老いてなお、こころ愉しく美しく』 »

2013年7月31日 (水)

24節気・72候

2013 文月、七月から八月へのバトンの受け渡しが近づいてまいりました。一年を24等分した24節気、そして72等分した72候というのがあるとのことで、左の表は、それを2013年の日付で示したものです。クリックしていただくと少し大きくなります。 

 暑い夏に入っていますが、「立秋」などの文字を見ると、涼しさを先取りして何とかしのげそうな気持ちになってくるのは先人の知恵にあやかっているのかもしれませんね。

 ウオーミングアップしなくてもすでにスイッチが入っていると考えて、日々を充実できたらと思います。

 今日は、母の誕生日 ・・・大正10年生まれで92歳となります。

Photo
 こんな歌に出会いました。

十億の人に十億の母あらむも わが母にまさる母ありなむや

 白山市に生まれた暁烏敏(あけがらす はや) という宗教家・哲学者の作だそうです。それぞれの人にとって、それぞれのお母さんがそう思われるかけがえのない存在なのですね。

 小さな子のこういうことばもあります

「お母さん ぼくを生んでくれて ありがとう」 

  私もそう思います。本当にありがとうございます。

    今日も、よい日となりますように。

|

« 百日紅・猿滑り | トップページ | 『老いてなお、こころ愉しく美しく』 »

コメント

この頃ご高齢の方が大好きになりました。大きな困難を乗り越えられ、今を感謝いっぱいで元気で活躍されている90歳、91歳、95歳、の方々とこの1週間長時間ともに過ごす、機会をえました。まだまだ元気で奉仕の心で活躍中です。私もそのような方々をお手本に生きたいものと思います。先生のお母さんにもお会いしててみたい。1度尾崎教会にお招きしてくださいませ。
大きな先生が「おかあさん、生んでくれてありがとう」の言葉とても素直で心にしみました。

※ ムーミンパパより

 あたたかいコメントをありがとうございます。
 生まれ育った広島の海で鍛えた泳力を60台すぎても高山市のプールで発揮していた母ですが、さすがに今は岐阜まで出かけてくるのは控えたほうがよさそうです。

 よろしければ、夢希さんが高山までお出かけくだされば、母も喜んでお目にかかると思います。

   いつまで経っても、何歳になっても母の前には子どもの私です。 いえ、母の前にいなくても子どものようなところがあり、まだまだ育ちきっておりませんが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
 今日も、よい日となりますように。

投稿: 夢希 | 2013年7月31日 (水) 05時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 24節気・72候:

« 百日紅・猿滑り | トップページ | 『老いてなお、こころ愉しく美しく』 »