« 『星の旅人』 スペイン「奥の細道」 | トップページ | バジルソース »

2013年9月14日 (土)

洗礼を受けるということ

 明日は日曜日 ・・・今日は洗礼ということについて書かせていただきます。

 洗礼とは、神様を信じ、聖書の教えに従って歩んでいきます、という決心を神様と人々の前に明らかにすること。イエス・キリストを救い主として自分の魂に受け入れたことの宣言でもあります。 

 「もう少し、清らかな生活が出来る自分になったら洗礼を受けてクリスチャンになる決心がつくかもしれません。ですからもうしばらく待ってください」 ・・・こんなふうにお考えになる方がおありかもしれません。 私もそうでした。

  それで、清らかになるまで待たなくていいのですよ、ということをどのようにお話ししたらよいかと考えていて、最近、こんなお話はどうだろうと思うようになりました。 

 もし、あなたが真剣にダイエットしたいと考えて、ダイエットスクールに入校を申し込みに行ったとします。そのとき、ダイエットスクールの校長なり、受付の人がこう言ったとしたら、あなたはどう思いますか。

 「入校したいのですか、そうですか うーん、では、こういたしましょう。あなたが体重を○○キロ減量することに成功したら、このダイエットスクールに入校を許可します。それまでは、どうか、自力でダイエットに挑戦してください。なにしろ、今のあなたはあまりにも太りすぎていますから」 

 太っているからこそ、そして自力では痩せられそうにないからこそ、入校を希望し、申し込みにきているのですよね。 

 このことと、「もう少し、清い生活が出来るようになったら洗礼を受けてクリスチャンになる決心が出来るかもしれません」という構えとを比べ合わせてみてください。  ちょっとうややこしくなってしまいましたか ・・・ (岐阜では、「ややこしい」を「ややこやしい」と言って、さらにややこしくしている表現があります。) 

 今日も、よい日となりますように。

 明日は日曜日、キリスト教会の礼拝にお出かけくださいますように。

|

« 『星の旅人』 スペイン「奥の細道」 | トップページ | バジルソース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 洗礼を受けるということ:

« 『星の旅人』 スペイン「奥の細道」 | トップページ | バジルソース »