« 洗礼を受けるということ | トップページ | 枝に付いたまま口を開く栗 »

2013年9月15日 (日)

バジルソース

Bajirusosu いただいたバジルで家内がバジルソースを作りました。

 たねを蒔くことから始めて収穫されたのだそうです。 ありがとうございます。

 パスタのソースにする予定とのこと。

 たくさんの時間と労力、そして心がこもって出来上がるメニュー ・・・ ゆっくりと感謝しつつ味わいたいと思います。

 ある本には、一口につき、年齢の数だけ噛むとよいとありましたが、それはなかなかに難しいことに思えます。なんでも、卑弥呼の時代にはそれくらいの回数を噛んでいたという話を聞いたような気もいたします。

  胃腸のためにも、そして脳のためにも、よく噛むことはよいのだそうですね。 学校の給食に炒り豆やスルメが登場するのは噛むことを奨励する意味があるとのこと。

 今日も、よい日となりますように。

 日曜日。キリスト教会の礼拝にお出かけください。

|

« 洗礼を受けるということ | トップページ | 枝に付いたまま口を開く栗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バジルソース:

« 洗礼を受けるということ | トップページ | 枝に付いたまま口を開く栗 »