« 道は開かれる | トップページ | 長良公園と百々が峰 »

2013年10月28日 (月)

和菓子

0006  和菓子 ・・・日本のお菓子というだけでなく、美しさ、美味しさも備えていて和(なご)む表情を引き出すということも含まれている名のように思えます。 

 「今日、昼ころ行くで 家に誰かいる?」 ある朝、そういうメールを寄こした長男が携えてきたのが、この和菓子たち ・・・ 味わって食べました。といっても時間は余りかかりませんでしたが。 ← これは、何を食べるときにもそうですけれど。

  一晩すごして、帰って行きました。老親(私と家内のことです)の顔を見に来てくれて、おおきに。 

 盛岡に住む孫の一人は、家内の誕生日にこんなことを書いて送ってきました。 「おばあちゃん だいだいだいすきだよ だから わたしの生きているあいだは 元気でいてね」 ・・・ おおむね、そのような文面。 

 秋は、ふけていきます。 今日も、よい日となりますように。 

  現実を見つめようと、毎朝、体重計にのっています。 いえ、それだけのことでスリムになるとは思っていませんけれど。 家内は「思わなさすぎる」と褒めてくれています。 おお、11月が近づいてきていますね。冬眠の用意として内臓脂肪の貯蓄、などと思っているわけではありませぬけれど・・・。

|

« 道は開かれる | トップページ | 長良公園と百々が峰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和菓子:

« 道は開かれる | トップページ | 長良公園と百々が峰 »