« 人形劇のベッド | トップページ | 疾走する「清少納言」 »

2013年12月13日 (金)

朝な夕な

Photo 12月10日の朝、虹を見て、嬉しくなって撮影しました。 

 よく見ると、カラスが(多分、鳩ではないと思います)映っています。

 

 おお、カラスよ、もしかして、七色に染まりたかったのか・・・と、童話的心境を覚えました。  理科の先生はこの写真を見て、「カラスはだいぶんこちらに近いところを飛んでいて、虹とはかなり距離がある」とおっしゃいました。 

 虹が部分的にしか現れなかったことを話すと、「この時間の太陽の高度からいうと半円にはなりにくい」という意味のことを話されました。

 うーん、心情的な(東西南北もあまり把握できていない)見方をする私とは異なって、明快な答えがすぐに返ってくるのです。

 さて、もう一枚は、12月12日の夕暮れ時の写真です。

 

 「朝な夕なに」という古いドイツ映画があり、その中で「真夜中のブルース」という曲が哀愁を帯びたトランペットで奏でられ、ヒットしたことがあります。そのタイトルを思い出して今日のブログにつけてみました。

 今日も、よい日となりますように。

0002

|

« 人形劇のベッド | トップページ | 疾走する「清少納言」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝な夕な:

« 人形劇のベッド | トップページ | 疾走する「清少納言」 »