« 疾走する「清少納言」 | トップページ | シュトーレン »

2013年12月15日 (日)

マンデラさんと母の日

 12月14日のNHKテレビ、「週間ニュース深読み」で元南アフリカ大統領、マンデラさんの思い出を、来日されたとき通訳を務めた林陽子さんが語っていました。

 大変多忙な日程でしたが、マンデラさんは笑みを絶やさず、精力的に、前向きに向かわれたそうです。その日程の中、短時間だけ京都のデパートに足を運ぶことができたマンデラさんは、子どもたちが並んでいる光景について、どういうことなのかを尋ねたとのこと。 

 林陽子さんが、子どもたちは母の日にお母さんに贈るカーネーションを買うために並んでいることを説明すると、しばらく絶句していたマンデラさんはこう言われました。

「私の国の子どもたちがお母さんに花をプレゼントできる日が来ますように」 

 胸を打たれました。

 すべての大人は子どもに最善のものを贈る義務を負う 

                      児童の権利条約の根幹の精神 

 待降節(アドヴェント)の第三週となりました。今年のクリスマスが子どもたちと大人たちにすてきなときとなりますように。

|

« 疾走する「清少納言」 | トップページ | シュトーレン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マンデラさんと母の日:

« 疾走する「清少納言」 | トップページ | シュトーレン »