« チキンの塩こうじ焼き | トップページ | 関市のパン屋さん ペイザン »

2014年1月 1日 (水)

お餅 ふたつのふるさと

0003
  明けましておめでとうございます。2014年もこのブログにお立ち寄りいただき、ありがとうございます。

 本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

  石油ストーブは、部屋を暖めてくれると同時にやかんを(水を入れてですが)乗せておくとお湯を沸かすことができ、有り難いですね。

Photo_2 我が家では、時にお餅もストーブで焼いています。 この光景、実は二つのお餅の出自が異なっています。

 丸いのは、広島県出身の母にふるさとから届いたお餅、四角いのは、飛騨の高山から届いたたまり(しょうゆ)入りのお餅です。 広島からは餡の入った丸いお餅をいただいたこともあります。 

 お雑煮も、具沢山だったり、あっさりしていたり、地域によっていろいろな食文化を反映しているのだそうですね。

 おっと・・・そんなことを考えている間Photo_3
に、ちょっと焦がしてしまったような

 いえいえ、これくらいは許容範囲というか、おいしいものです。

 元旦のブログ、題材を少し考えましたが、食べ物から始めるのがムーミンパパらしいかな、と・・・。

 どうぞ、よき正月をおすごしくださいますように。

|

« チキンの塩こうじ焼き | トップページ | 関市のパン屋さん ペイザン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お餅 ふたつのふるさと:

« チキンの塩こうじ焼き | トップページ | 関市のパン屋さん ペイザン »