« 絵本 エルサ・ベスコフ さん | トップページ | さっき泣いたカラスが もう笑った »

2014年2月 4日 (火)

詩 「はる」 谷川俊太郎

 立春ですね。 

 まだ気温の低い日が続くかと思いますが、季節の先取りもいいのではないでしょうか。

 はる  谷川俊太郎

はなをこえて
しろいくもが
くもをこえて
ふかいそらが

はなをこえ
くもをこえ
そらをこえ
わたしはいつまでものぼってゆける

はるのひととき
わたしはかみさまと
しずかなはなしをした

 

 詩人が想像の羽を広げて、伸びやかに魂を憩わせているような印象を受けました。

 

 今日も、春を迎えた心地で歩める、よい日となりますように。

|

« 絵本 エルサ・ベスコフ さん | トップページ | さっき泣いたカラスが もう笑った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 詩 「はる」 谷川俊太郎:

« 絵本 エルサ・ベスコフ さん | トップページ | さっき泣いたカラスが もう笑った »