« 春を活ける | トップページ | 三色だんご »

2014年2月25日 (火)

映画「小さいおうち」

 山田洋次監督の「小さいおうち」が国際的にも評価されているとのことで、家内と観てきました。

 「徹子の部屋」で山田監督ご自身が、今までの自分の作風とは少し違う面を出せたかなと語っておられましたが、この映画を観て、私もそう思いました。今まで築いてこられて、そして高い声価を得ておられる自分の世界を80を過ぎて殻を破って新しい作品を創られたわけですから、その内面のエネルギーに、まず打たれました。 

 もし、機会がありましたら、よろしかったらご覧ください。

 DVDになってからでもよいのですが、映画館のスクリーンで、同じ空間に足を運ばれたかたたちと観るのもいいものですね。なかなかの入りだったように思います。 

 山田監督の講演を一度聴かせていただいたことがあるのですが、穏やかな中に深みと暖かさ、豊かな見識、人間観を感じたのを覚えています。 

 今日も、よい日となりますように。

|

« 春を活ける | トップページ | 三色だんご »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「小さいおうち」:

« 春を活ける | トップページ | 三色だんご »