« 安立スハルさんの桃の歌 | トップページ | 『くらべない生き方』ー人生で本当に大切にするべき10のことー »

2014年3月 3日 (月)

俳人 黛まどかさん の「俳句アラモード」

 俳人 黛まどかさんのブログ http://madoka575.co.jp/pub/ 

から申し込むと、日曜ごとに、「黛まどかの 愛の歳時記」というメールマガジンが無料で配信されるようになります。3月2日はこんな句とコメントが贈られてきました。

 雛(ひいな)の日 回転ドアにすれちがふ
  作者 森賀まり  <季語/雛の日・季節/春>

黛まどかさんのコメント

 回転ドアにすれ違ったのは、紛う方ない彼の人でした。しかし気づいた時には、ドアはくるりと半回転してビルの外と内に別れ別れになっていました。見えているのにすれ違ってしまった二人。隣に座っているのに、見つめ合うことのできない夫婦雛のような二人です。

 うーむ・・・ 隣に座っているのに見つめ合うことができない ・・・ そんなふうに思ったことがないので、感心してしまいました。 

 ともかく、今日は、ひな祭り・・・顔を向かい合わせて雛人形たちをレイアウトするとどうなのでしょうね。 照れてしまうでしょうか。それとも会話が始まるでしょうか。 

 今日も、よい日となりますように。

|

« 安立スハルさんの桃の歌 | トップページ | 『くらべない生き方』ー人生で本当に大切にするべき10のことー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 俳人 黛まどかさん の「俳句アラモード」:

« 安立スハルさんの桃の歌 | トップページ | 『くらべない生き方』ー人生で本当に大切にするべき10のことー »