« 鞆の浦のひな祭り | トップページ | 俳人 黛まどかさん の「俳句アラモード」 »

2014年3月 2日 (日)

安立スハルさんの桃の歌

 桃の節句が近いので、桃の花の短歌を ・・・

くれなゐの桃咲き出づるいきほひを心にとめてわれは歩みし

 安立スハル

  病身だった安立さんは、30歳になったときも、60歳を超えたときも、私がこんなに生きるとはと感慨を記しておられます。2006年に83歳でお亡くなりになりましたが、五十年後に私の歌のたとえ一つでも残っていて感動してくださる方がおられたら、とても嬉しいとのことです。 

 ご自分が病身でしたので、寒さに耐えて花開く梅、そして早春の桃の花などに心惹かれるお気持ちが強かったのではないかと思います。

 

 今日も、よい日となりますように。 日曜日、キリスト教会の礼拝にお出かけくださいますように。

|

« 鞆の浦のひな祭り | トップページ | 俳人 黛まどかさん の「俳句アラモード」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安立スハルさんの桃の歌:

« 鞆の浦のひな祭り | トップページ | 俳人 黛まどかさん の「俳句アラモード」 »