« シスター 渡辺和子 『スミレのように踏まれて香る』 | トップページ | 歌の力 »

2014年3月11日 (火)

楽観でも 悲観でもなく

 3月11日・・・いろいろな思いが去来いたします。

  3年前に起きた大震災 ・・・ 地震と津波、放射能の被害 ご家族を 友人 知人を 生活の場を 生きがいを ふるさとを 必死に築いてこられたかけがえのないものを 根こそぎ取り去られたかたがたに おかけする言葉を、今ももてないでいます。

 お祈りしています。

 楽観でも 悲観でもなく これからに向けて 自分に何ができるのか、を真摯に思考し、歩み出せたらと思います。

 岐阜県の大垣市の高校生が、手作りの絵本を被災地に贈り、それが子どもたちや仮設住宅ですごすお年寄りに、しっかりと受けとめられ、お年寄りが「私も何か自分のできるものを作ってみよう」と語っている場面をビデオで観て、「伝わった」と涙している姿が報じられていました。

 安心して戸外で活動できない福島の子たちを春休みなどの機会に放射能の心配のない地域で思いっきり活動してもらおうと、ボランティアでサポートしている福島キッズという活動を続けている人が身近にいます。

 かつて、南相馬でホームステイしたアメリカ女性が、長期間、南相馬に住んで幼児に英語を教えたり、力仕事を進んでしたりする姿も報じられていました。  支援活動によっては、時には集まった半数以上が外国からのボランティアということもある、とその番組では語られていました。 

 小さくても、「これをしよう」と心に決めて、そのことを実行し続けることができますように。

 

 

 

 

|

« シスター 渡辺和子 『スミレのように踏まれて香る』 | トップページ | 歌の力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楽観でも 悲観でもなく:

« シスター 渡辺和子 『スミレのように踏まれて香る』 | トップページ | 歌の力 »